貧血を短期間で解消する【サプリメントパワーを実感】

魚に含まれる健康成分

水着の女性

DHAはドコサヘキサエン酸という成分の略称になります。このDHAは魚の脂部分や、青魚に多く含まれている成分です。またこのDHAには、様々な健康効果があることが知られています。特に血流改善、アレルギー予防、精神安定、記憶力や視力回復効果などが多く知られています。最近では、アルツハイマー型認知症に対する効果も研究されています。DHAを多く含む食材として、まぐろやさんまやいわし等の青魚類、うなぎ、鮭、いくら等にも含まれていることがわかっています。魚類より摂取することが望まれますが、魚には海にある水銀などを多く含んでいる場合もありますので、摂取しすぎには注意が必要です。DHAのサプリメントも多種ありますので、併用することがオススメです。

DHAと似た成分としてEPAという成分があります。このEPAとは、エイコサペンタエン酸の略称です。DHAと同じく魚類に多く含まれて、血液をサラサラにするという働きがあります。しかし、その作用の仕方に違いがあります。DHAは血管などの細胞膜を柔らかくし、サラサラにしますが、EPAは血小板が凝集するのを防ぐ形で血栓を防ぎます。似たような二つの成分ですが、神経系へ働く作用はDHAのみにあります。DHAは脳に必要な成分として、血流に乗り海馬へと送られます。海馬は記憶や学習能力などを司る部分であり、脳の活性化に重要な成分だといわれています。また、脳に近い網膜にも運ばれ、目の機能や視力回復の効果があります。どちらも身体にとって有効な成分ですので、必要性を考えて摂取することをおすすめします。